名古屋城の周辺には、レストランやカフェが並ぶ「金シャチ横丁」があります。
名古屋城正門入り後、東門エリアの2つのゾーンからなります。
定番で老舗の名古屋めしや、新しい名古屋の食文化が満喫できます。
ここだけのオリジナルメニューやお土産も充実しています。
引用:名古屋城

まずは、正門エリアの伝統・正統の「義直ゾーン」です。
定番や老舗の名古屋めしや、を張り名古屋の歴史が醸し出す美食街です。
「十代目儀助 GISUKE では、愛知県の地酒、梅酒、地ビールを販売していますお酒の有料試飲も行っています。
「山本屋総本家金シャチ横丁店」では、大正14年創業の伝統の味を守り続けています。
美味しい味噌煮込みうどんが食べられます。
「鳥開総本家」では、全国丼グランプリ4年連続金賞受賞である、親子丼などのコーチン料理が食べられます。

「なごみや」では、名古屋城関連のおみやげや転勤シャチ横丁オリジナルグッツも販売しています

東門エリアの新風・変化のエリア「正宗ゾーン」では、気鋭の店舗たちが立ち並んでいます。
新しい食文化を描き出し、美味しい料理が食べられます。

「 Shiro machi GRILL 」では、グルテンフリーの食材を使用し、スローフードのイタリアンを食べられます。
「あんかけ太郎」では店名古屋名物である、普通のパスタとは一味違う、あんかけのパスタが食べられます。
「 Bistro 那古野」では、渥美半島産野「保美豚」料理と多彩な洋食メニューをお楽しみいただけます。
「つだ」では、新鮮食材と巧みな技にによる創作串揚げが食べられます。
串揚げと一緒にワインも楽しめます。

関連記事

    None Found